診療内容

各部門の紹介

発達・精神科外来

診察は、ご心配な症状について、ご持参頂いた問診票を参考にさらに必要な情報を伺いながら進めます。症状の改善が急がれる場合には、診断、評価と治療を並行して行います。
診察の上、診断の確定、状態の評価、治療方針の決定のために必要な検査をすすめ、総合的な観点から医師が診断、評価、治療方針を決定し説明致します。このように、当クリニックでは医師が治療方針を決め、様々な部門の専門職が連携し、個人の必要性に応じた効率的なオーダーメードの治療を行います。その後、必要なお子さんにはオーク発達サポートで、学習や社会性の獲得を目指します。

作業療法(OT)

作業療法

運動発達の遅れや、手足の操作など運動面の苦手・不器用さ、感覚過敏のあるお子さんに対して、運動機能の向上・日常生活動作の向上を図り、訓練や指導を行います。
遊びの操作性や学習の基礎能力を高めることで、認知面の向上を促し、感覚-運動能力や感覚受容や知覚の適正化を図りながら適応行動・目的行動の達成を促します。(感覚統合訓練)

言語聴覚療法(ST)

言語聴覚療法

ことばの発達が遅い・コミュニケーションがうまくいかない・発音が気になる・吃音等の心配があるお子さんに対して、言語の評価、指導を行うとともに、養育者への支援・助言を行います。
お子さんの状態に応じて遊び、音楽、学習、呼吸法、発語器官の機能訓練等を行い、言語力やコミュニケーション能力の向上を促しながら、家庭、保育園・幼稚園、学校等で円滑に過ごせるように支援します。

※リハビリ(OT・ST):幼児の方は、原則午前中の予約でお願いします。

心理相談・心理療法

心理相談・心理療法

お子さんの全体的な発達の状態について発達検査、性格検査等を行い、発達支援の方針と目標を定めることに必要な情報を臨床心理士と医師で共有します。
このような評価内容を用いて、発達障害および二次障害に関する心理療法を行います。お子さんの問題には、家族の問題、学校など地域社会の問題も深く関わっています。そのため、家族の方へのカウンセリングおよび学校や社会との連携も視野にいれた治療を考えていきます。


お問い合わせ電話

03-5314-3288


FAX番号

03-5314-3289